節約の上に成り立つ資産


お金持ちの定義って難しいよね

世の中のお金持ちと言われる人達は、基本的にはたくさんの資産を持っていて、たくさんお金を稼いで、たくさんお金を使っているイメージです。

世間では一応、お金持ちの定義もされていますよね。

資産5億円以上が超富裕層、1億円以上が富裕層、5000万円以上が準富裕層、3000万円以上がアッパーマス層、3000万円以下がマス層、であってましたっけ?

セミリタイヤー界隈の人ならよく目にする内容ではないでしょうか。

でも、これが全てではないなーと思うわけです。

収入がある人とない人の差

お金持ちの人は基本的には収入が多いイメージです。

でも、資産だけでお金持ちを定義すると数十年後にはお金持ちではなくなる人が出てきます。

一定以上の収入が継続する人は、概ねお金持ちを維持できるんじゃないかと思います。

また、現時点でお金持ちではない人もお金持ちになれる可能性が残されています。

でも、資産だけあって、収入がない人はお金持ちを維持するのが困難です。

基本的には減る一方ですから。

もちろん毎月いくら使うかにもよりますが、何も考えずに浪費していたら、あっと言う間に貧乏人に転落してしまうと思います。

ほとんどの人はそうなる前になんとかすると思いますけど。

よっぽどのアホじゃない限りは。

節約ありきの資産

世の中にはたくさんの収入があっても、ほとんど貯金がない人がいます。

逆に、少ししか収入がなくても、節約する事で一定の資産を蓄える人もいます。

こうやって分けた時に、果たしてどっちがお金持ちなんだろうと思う事があります。

僕は、大した資産はありませんが、間違いなく後者の部類に入ると思います。

前者の人達は、おそらく好きな物、欲しい物をたくさん買っていると思います。

広くてきれいな家に住んで、ハイブランドのものを身に着け、高級車に乗っているかもしれません。

贅沢にお金を使って、人生を楽しんでいるのでしょう。

貯金はないかもしれないけど。

逆に、現実の僕は、ワーキングプアをしながらもコツコツと小銭を貯めてセミリタイア。

月に使うお金は10万円程度です。

何をするにも常に節約する事を考えています。

僕以外のセミリタイヤー界隈の人も、お金を稼いでも節約する事で資産を形成する事に注力している人が多いと思います。

そうする事で、人によってはお金持ちと呼ばれるくらいの資産を形成していると思います。

お金は使ってこそ意味のあるものだと思いますが、どんどん使えば当然なくなるのも早いです。

使っても使ってもお金が有り余る人が本当のお金持ちなのかもしれません。

そんな人はごく一部だと思いますけど。

今お金があるかどうか

結局、お金持ちであるかどうかは、今お金を持っているかどうかだと思います。

現時点でお金をたくさん持っていれば、お金持ちという事です。

数年後、数十年後にお金持ちだった人はお金持ちじゃなくなるかもしれないし、お金持ちじゃなかった人がお金持ちになるかもしれません。

お金持ち連呼し過ぎだし、何が言いたいかもよくわからなくなってきました…。

多分、書いた事が言いたい事だと思います。

また、こういうのも書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする