自己紹介

セミリタイア

「てんかのなつやすみ」の運営者、てんかと申します。

2019年3月、勤めていた会社を退職し、38歳でセミリタイアしました。

資産は1000万円ほど。

セミリタイアを目指す人、あるいは既にセミリタイアをしている人の界隈ではかなり資産が少ない部類に入ると思います。

僕は計画を立ててセミリタイアしたのではありません。

十分な資産を築く前にセミリタイアしたのは、サラリーマンとして働く事に限界を迎えた結果なのです。

社会不適合者

僕はこれまで何度も転職を繰り返しました。

在職期間も短く、無職の期間もあります。

仕事を辞める度に思うのは、僕は社会不適合者であると。

頑張ってはみるものの、なかなか上手くいきません。

会社に居づらいなと感じ、憂うつになり、そのまま退職する事もありました。

それなりに仕事をこなせるようになっても、だんだんともう無理だーって。

特に人間関係です。

人との摩擦を人一倍ストレスに感じてしまうんだと思います。

残念な経歴

最後に勤務していた会社では、非正規フルタイムで手取りは15万円ほどでした。

期間はわずか10か月ほどです。

その前は最低賃金のアルバイト、さらにその前は2年近くの無職期間があります。

今まで勤めてきた会社を数えてみました。

正社員としての勤務が4社、契約社員が3社、派遣が1社、アルバイト4社でした。

そのうち10社が1年未満で退職しているという恐ろしい経歴。

悲惨な履歴書を見せるのはもうイヤです。

人生オワタ

数年前の僕は死んだように生きていました。

毎日ダラダラと過ごし、何もやる気が起きなくて1日12時間以上は寝てました。

起きても何かするわけじゃなく、ただネットを見るだけで1日が終わる廃人の生活をしていました。

すっかり人生を諦めていたんです。

この時が僕の中では一番の底だったと思います。

最後の力

でも、ある日人生を諦めるのやめました。

最後の力を出してみようと。

直近の2社はその最後の力を出した結果です。

結局トータルで2年ちょっと。

これも短かったけど、人生の底は脱出したように思います。

これからは自由に生きる

僕は少しずつ普通という人生のレールから遠ざかっていきました。

なんとか戻ろうと思ったけど、やっぱり無理でした。

だから、僕はレールなき道を歩く事にしました。

他人になんと思われてもいい、自己満足でいい。

自分の好きな事をして生きていこうと。

僕はこれから新しい人生をスタートします。

シェアする

フォローする