押し入れをクローゼットに


ようやく服が掛けれる

広縁にある押し入れをクローゼットにしました。

これも取り掛かったのはだいぶ前になりますが、ようやく服を掛けれるようになりました。

邪魔な板を外す

押し入れはだいたい真ん中に一つ物を置けるように板があると思います。

僕の家はさらにその上に板があり、これを外して、この部分に服を掛ける棒を設置するようにしました。

before(外観)

before(上部)

分かりにくいですが、2枚目の写真の上の方に映っている板をまず外しました。

押し入れの中もまた砂壁

クローゼット内の環境を整えたかったので、他の壁と同様に砂壁の上から下地のシーラーを塗り、その上から珪藻土を塗りました。

ここまでの作業はだいぶ前に済ませていました。

もうホント砂壁にはうんざりですよ。

前使ってた物干し竿を再利用

以前住んでいたところで使っていた物干し竿を持ってきていたので、それを押し入れで使えるようにしました。

物干し竿を支える金具を購入して、取り付けました。

その上に物干し竿を乗せて、ようやく押し入れの中が完成です。

after

金具も雑につけたので、棒が落ちてくるのが少し不安です。

でも、大量に服を掛けなければ多分大丈夫。

落ちてきたら、また直しますわ。

扉を外してカーテンを設置

押し入れには木製の引き戸が設置してありましたが、動かすのに重いので取り外しました。

掛ける服だけじゃなくて、他の服の収納ケースも全部ここに入れるので、頻繁に開け閉めするためです。

カーテンは窓につける普通のカーテンです。

アコーディオン型のものとかも検討しましたが、通常のカーテンよりも若干高かったし、取り付けが面倒に感じたのでやめました。

after(外観)

グレーっぽい映りですが、ブラウンのカーテンです。

服がやっと片付いた

これまで収納ケースに入りきらない服は全部袋の中に押し込んでいたし、収納ケースも外に出しっぱなしでしたが、ようやく服が片付きました。

それなりに大変な作業でしたが、コストはあまりかかってないと思います。

トータルで1万円もいってないんじゃないかな。

これからも少しずつリフォームを進めていきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする