続・屋根の修理


屋根直ってなかった?

またまた久しぶりの投稿です。

半年以上前になりますが、屋根の修理についてブログを書きました。

20万円という大金を払って、直したはずですが…。

また雨漏りしますよ?

少し前にある業者が、うちに来ました。

近隣の家のリフォームしていて、周りの古い家を営業に回っているようでした。

そこで、僕の家にも来たわけです。

直したはずの屋根ですが、雨漏りする恐れがあるという事でした。

以前直した箇所とは違う箇所です。

この半年間で損壊したというわけではなく、前の業者がそこには手をつけてなかったという事になります。

なんとも複雑な気持ち

僕としては、完全に修復されたつもりでいたのに、またかよ…と思いましたね。

以前の業者に問い合わせるのもなんだかなーと。

で、結局新しくきた業者にお願いして、指摘のあった箇所を修復してもらいました。

今回もまあまあな金額でした。

2度目の屋根修復代金は15万円也。

屋根だけでトータル35万円かかりました。

仕方ないんですけどね。

営業トークの続き

実は、今回来た業者に外壁の修繕もした方がいいと言われました。

そりゃ古いので、するに越した事はない。

およその見積は60万円~でした。

さすがに断りました。

たけーよ…。

僕の家よりボロい家、周りにいっぱいありますし。

うちのボロいとこ全部直してたからキリがないです。

ある程度は見切りをつけないと、せっかく家を安く買った意味がなくなるよ。

これまでのリフォーム代

前回までのリフォーム代に屋根の修理代(2回目)15万円をプラスします。

ついでにちょこちょこ買った物もあるので、プラス5千円。

トータルリフォーム代は190万円となりました。

間もなく200万円到達!

まだまだリフォームは途中です。

まあ、最近は全然進めてないんですけどね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする