苦情のお手紙書きました


深夜に洗濯するのやめてね

僕は以前こういう記事を書きました。

「深夜2時の洗濯」

読んで字の如く、僕の住むボロマンションに深夜2時に洗濯している人がいるという話です。

その人が深夜に洗濯するのは一度きりではなく、多い時は週の半分くらい深夜に洗濯していました。

さすがに僕もキレました。

常識を考えよう

これも前の記事にも書きましたが、常識の範囲というものがあると思うんです。

常識なんてあってないようなものだと、僕もある程度はわかっていますよ。

でも、深夜の洗濯はさすがにうるせーわ!

という事で、その旨の手紙を書きました。

精一杯の嫌味を込めて。

管理会社を通じてというのが一番だとは思いましたけど、僕は何度か管理会社にも苦情を入れていたので、自分で解決する事にしたんです。

手紙は、一応マンションの住人全体に宛てたように書きました。

実際は、その騒音主だけにしか送ってませんけどね。

苦情のお手紙の成果

手紙を送った日から、深夜の洗濯はなくなりました。

そのうちまた洗濯するのかなと思ってましたが、完全になくなりました。

苦情のお手紙、大成功ですよ。

本当に良かったですよ。

全く懲りずに深夜の洗濯を続けていたら、とんでもないDQNですから。

さすがに、少しは良心があったようです。

それでもうるさいボロマンション

深夜の洗濯はなくなりましたが、僕の住むボロマンションは深夜に暴れてる人が他にもいるんです。

多分、ゴリラです。

ゴリラが住んでます。

マンションではなく、ゴリラ動物園です。

という事で、早めに引っ越したいなと思っています。

もう次住む家は決まってますし。

この騒音地獄から早く抜け出したいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする