狭い家でいい


広い家いらん

広い家に住みたい人は多いと思う。

僕も昔はそうだったかも。

安さ重視

今まで住んできた家は基本的に狭い。

それは家賃を重視した結果そうなってしまったというだけ。

ワンルームの部屋が多かった。

家を選ぶ条件に「狭い家」という希望はなかった。

広い家を持て余す

過去に1度だけワンルームではなく2ルームの家に住んだ事もある。

今は過去一で広い家に住んでいる。

間取りは2DK。

ただ、過去に住んだ家もそうだし、今の家もそうなんだけど、いつもいる部屋はほぼ固定されている。

今の家に関しては、1つの部屋は物置のようになっていて、その部屋に居る時間の割合は1%にも満たない気がする。

果たして、この部屋は必要なのか…。

広い家は掃除が大変

広い家に住むという事は掃除をするスペースが増えるという事。

ただでさえ掃除をする頻度は低い方だと思う。

使ってないスペースを掃除するのはかなり面倒に感じる。

賃貸ワンルームのデメリット

そうなってくると、やっぱり賃貸のワンルームでいいという事につながるが…。

デメリットがある。

僕にとってはそのデメリットの1つがかなり大きい。

それは騒音だ。

車が行き交う音とかならまだいい。

隣人や上下階の同じ建物に住む人の物音や声がマジで無理なんだなー。

特に夜。

睡眠妨害やめてくれよ、夜行性ゴリラ君。

前とその前に住んでたところは、それがひどくて引っ越したくらいだから。

という事で、ワンルーム賃貸はもうイヤ。

だから、戸建てを買って1人暮らししてるわけだし。

うるさくないところもあるだろうけど、住んでみないとわからない。

正直、また賃貸に戻ってもいいとも思ってるけど、角部屋で寝室が別のところがいい。

そうなると、家も広くなって家賃も高くなるというね。

理想の家

色々考えると、僕の理想は狭い戸建てという事になる。

今の家も戸建ての中ではかなり狭い方ではあるから、ある程度理想に近いのかもしれない。

でも、もっと狭くてもいいと思ってる。

小さい家でも建てるのは金がかかりすぎるから、やっぱり築古中古になるなー。

結果、今の家がベスト。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする