胃カメラと大腸カメラ


人間ドックの代わりに

3年も無職なので、会社で健康診断を受けるという事がありません。

自発的に人間ドックを受けたのがちょうど3年前の今頃です。

それ以降の健康状態は不明のままです。

特定検診

コロナ禍というのもあったし、面倒で先送りしてたってのも大きいけど、また人間ドックを受けたいなと思っていました。

ですが、それ以外に方法はないかなと思って、とりあえず特定検診とやらを初めて受けました。

40歳overなんでね。

ただ採決して身体測定するだけですけど。

結果は、もう少し先になります。

内視鏡検査

ただ、特定検診だけだと不安はあります。

という事で、最近のお腹の不調もあって、別で胃カメラと大腸カメラを受ける事にしました。

胃カメラは以前の人間ドックで受けた事があります。

大腸カメラは初めての経験です。

鼻血が止まりません

胃カメラは3回目、鼻からカメラを入れました。

無事に終わったと思いきや、鼻血が出てきました。

止血して止まったと思ってもまた出てきて、8時間くらい出てたと思います。

仕方なく、別で耳鼻科を受診して処置してもらいました。

それでなんとか止まりましたが、未だに鼻は不調ではありますね。

初めての大腸カメラ

大腸カメラは、ご存じの通り尻の穴からカメラを入れます。

やる前は、ただただ恥ずかしいと思っていました。

前日から下剤と水をがぶ飲みして、大腸の中にあるう〇こを全て出します。

これがかなりきつかった。

何回も大便をして、それをトイレットペーパーで拭くのでケツの穴のヒリヒリが限界突破していました。

今後大腸カメラを受ける人は、柔らかいトイレットペーパーお尻用ウェットティッシュを用意しておく事を強くお勧めします。

そんなこんなで恥ずかしさよりもケツ穴の限界が超えていて、色々とどうでもよくなっていましたね。

ポリープあり

検査は胃にも大腸にもポリープがあり、それを切除しました。

良性のものである可能性が高いですが、もしかしたら悪性のものの可能性もあるみたいです。

悪性だったらガンですね…。

その結果は、あと数日でわかります。

定期的な検査を

一生のうちにガンになる人は2人に1人と確率らしいです。

僕の友達も大腸ガンになったし、同級生は胃ガンで若くして亡くなりました。

可能性は低くても、自分がガンになってもおかしくはないと身に染みています。

だから、それなりに歳を重ねたら、もしくは体に異常を感じたら、なるべく検査する事をお勧めします。

僕は今後も2~3年に1回くらいは検診を受けたいなと思います。

とりあえず今回の検査結果を待ちます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする