バチェロレッテ2(ネタバレ含む)


自分に足りないもの

バチェロレッテ2観ました。

途中まで。

バチェラーは全部観た

去年の年末あたりからバチェラーを観始めました。

最初は体が拒否反応を示していましたが、途中からハマって、順番はぐちゃぐちゃだけど全部観ました。

丁度全部観終わったタイミングあたりでバチェロレッテ2が始まったので、バチェロレッテ1を観ないまま、バチェロレッテ2を観始めました。

苦手な男

僕は男ですが、男から見ても苦手な男はいます。

もちろん苦手にも段階があって、この人苦手なタイプだな~という人がバチェロレッテ2で2~3人いました。

そして、その中でもダントツで苦手な人がいました。

その男性メンバーを見るに耐えかねて、バチェロレッテ2を観るのをやめました。

多分、5話あたりだったと思う。

予想通りの結果

途中で観るのをやめましたが、終盤少しだけ観たので結果は知っています。

僕が1番苦手な男性が見事バチェロレッテとゴールインしたようです。

観た人はもうご存じと思いますが、佐藤マクファーレン優樹さん(通称:マクファー)です。

バチェロレッテの尾崎美紀さんは、最初の方からマクファーがお気に入りだった感じ。

途中で観るのをやめた僕も、なんとなくマクファーで決まりなんじゃないかと思っていました。

予想通りの結果になりました。

自己中

マクファーの何が苦手だったかというと、自己中さですね。

もちろん会った事もないから、実際はわかんないけど。

自分勝手で、空気を読まず行動しているのが僕は苦手だなーと感じました。

バチェロレッテに対しては、周りの目を気にせずなりふり構わずグイグイいっていて、それもイヤだなーと思っていました。

見習うべきところ

ただ、バチェロレッテは僕とは全く逆の感じ方をしていたようです。

女性というのもあるし、好みも別れるでしょう。

その貪欲さ、わかりやすい優しさ、きっとそういうのが良かったんでしょうね。

それって、僕が持っていないものなんですよね。

苦手だなーと感じると同時に、見習うとこがあるなとも感じましたね。

友達にはなりたくないけど…。

末永くお幸せに。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする