キャッシュレスおじさん


現金持たなくていい

意識的にキャッシュレスを進めてきたわけじゃない。

楽を追求したら、キャッシュレスになっただけだ。

キャッシュレス化

数年前から世間にもキャッシュレス化の波がやってきました。

その波に流されたわけじゃないけど、僕もだんだんと現金を使わなくなりました。

最初は、やはり〇〇ペイからでしょう。

僕は、3つのペイを利用しています。

〇〇ペイが使いたかったわけじゃないけど、自分が利用してるアプリに付属するような形で、利便性が高さを考えて使うようになりました。

そして、コロナ大流行によって、外食や外での買い物も減りました。

大抵のものはネットで買う、たまに行くドラッグストアも〇〇ペイを使う。

今や現金を使うのは、週2回のスーパーと100均くらいです。

ルビットカード

そして、今日からまた現金を使う場所が少なくなりました。

僕が愛用しているスーパーバローで、ルビットカードというものに入会しました。

キャッシュレスプリペイドカードです。

チャージは現金のみなので、厳密にいえば現金を使っているんですけどね。

でも、当然の事ながら支払いはこのカードのみで現金のやり取りはありません。

メリットとデメリット

正直、迷いました。

使う場所は、基本的には僕が行ってるスーパーのみ。

他の場所でも使えるところは結構あるんですけどね。

今後引っ越ししたり、今あるバローが潰れたりしたら使う場所は消滅し、カードを持つ意味もなくなります。

でも、特に何もなければ10年は今の場所に住むつもりでいます。

そしたら、10年はこのカードを使うメリットがあります。

還元率は0.5%以上1%以下。

僕の現在の食費はおよそ2万円前後なので、月100円、年間で1200円の節約です。

10年使えば1万円以上の節約にはなりますが、正直このカードを持つ選択をした一番の理由はこれではありません。

週2回、年間およそ100回の会計で現金をやり取りするという手間を省けるという点です。

チャージする時は現金が必要ですが、月1回でもチャージすればいい。

お釣りもないし。

現金を全く使わない

ここまでくると、現金を全く使わない月も出てきそうです。

ただ楽な道を選んだだけなんですけど、すっかりキャッシュレスおじさんになってしまいました。

世間のキャッシュレス化は、正直あまり進んでいないと思います。

まだまだ現金派の人も多いと思うし。

もちろん強制はしない。

ただ自分が知らず知らずのうちに現金を使わなくなってしまったなという話でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. deds より:

    そんな特殊なカードは使えるのに普通のカードは使えないのか
    結構珍しいスーパーですね

  2. tenka より:

    dedsさん
    お久しぶりですね!
    クレジットカードは使えると思います(笑)
    ネットではクレカはよく使ってるんですけど、外での買い物でクレカを使う習慣があまりなくて…。
    スーパーはこれまでずっと現金払いでした。